手繋いでるカップル

ペアリングを選ぶ際に「何指に着けたらいいの?」と疑問に思った事のある人も多いのではないでしょうか?せっかくの二人の愛の証ですから、何指に着けたらどんな意味があるのかを知ったうえで指輪を選んでみても楽しいと思います。

そこで今回はリングをどの指につけると、どんな意味があるのかご紹介してみたいと思います。

親指 ・信念の象徴・ 自分に自信を持ちたい人、二人で何かを乗り越えたいときに。

人差し指・集中や行動力の象徴・ 自分の素直な気持ちを行動に移したいときに。

中指 ・直感、創造の象徴・ インスピレーション、自分に魅力が欲しいときに。

薬指 ・愛の象徴・ 平穏な暮らし、二人の愛を深めたいときに。

小指 ・チャンスの象徴・ 願いを叶えたい時、チャンスが欲しいときに。

本とペアリング
結婚指輪は左手の薬指が一般的ですがこれにも理由があるのでしょうか?

その起源はギリシャ神話からと言われてます。古代ギリシャでは左手の薬指には心臓に繋がる太い血管があると考えられており、人の心は心臓にあると信じられていました。
左手の薬指に指輪をすることで、「相手に心を捧げる」「相手の気持ちをしっかり掴む」などの意味があったようです。このことから結婚指輪は左手の薬指にという習慣が一般的になっているようです。

ペアリングも左手の薬指?

ではペアリングは何指に着けたら正解なのでしょう?左手の薬指?右手の薬指?
どちらも正解です。特にルールはありません。薬指が一般的なのは薬指の意味が「愛の証」だからだと考えられます。最近では「左手の薬指は結婚までとっておく」などの理由から右手の薬指にペアリングをつけるカップルも増えてきてるようです。
また、薬指は指の中でも一番動きの少ない指なので「指輪を落としにくい」などのメリットもあるようです。
このようにペアリングは絶対この指じゃないとダメという決まりはありません。
指輪をする指の持つ意味などをお二人で相談して、どの指輪にするか決めてみるのもペアリング選びの楽しみかと思います。

FREE STYLE 人気ペアリング

2位
¥ 19,000 (税抜)
3位

 

pair ring collection banner