シルバーアクセサリーのお手入れ

シルバーアクセサリーの変色、傷を綺麗にする

 

シルバーアクセサリーの変色の原因は主に硫黄分での硫化反応で黄土色、黒色に変色します。例え微量であっても空気中に含まれるのこういった物質が長期間にわたり銀に付着したままでは銀がくすんできます。
日々のメンテナンスとしては、中性洗剤で中和し流水で洗い流し変色を抑えることが重要ではありますが、変色してしまったシルバーを綺麗にする方法をご紹介します。

【用意する物】

  • 柔らかい布
  • 研磨剤を含むコンパウンド
  • ウエス(使い古し)

ステップ1)使い古しのウエスにコンパウンドを少量取り、変色したシルバーにまんべんなく擦り付けます。この際、銀表面を研磨しておりますので様子を見ながら擦ってください
*コーティングやメッキを施した作品はコーティングを剥がしてしまう恐れがありますので、コーティングの作品はおやめください。

ステップ2)小傷が消え全体にツヤが戻ったら、柔らかい布で乾拭きをして仕上げます。

シルバーアクセサリーの変色を白く綺麗にする

 

チェーンなどの磨き辛い作品には、市販の液体クリーナーが効果的です。シルバー表面の黒色硫化膜を除去するのに有効な手段です。本来意図的にアンティーク感を出した作品(いぶし仕上げ)の風合いも取り除いてしまいますのでご注意が必要です。
薬品は酸が強いものが多く、コーティングやメッキ、天然石等一部使用できないものがございますので、クリーナーの注意事項をお読みになりシルバーのみにお使いください。

以下に該当する作品に有効なクリーニングです
・いぶし加工をしていない銀製品
・天然石を使用しているもの
・メッキ、コーティングを施していないもの

【用意する物】

  • 柔らかい布
  • タオル
  • 液体クリーナー(シルバー専用)
  • すすぎ用の水
  • ピンセット(箸などでも代用可)

ステップ1)変色したシルバーを液体クリーナーに漬ける。その際気泡などを取り除く為によく混ぜてください。

ステップ2)ピンセットでチェーンを取り出し、きれいな水でよくすすいで下さい。液体が残っていると痒み、かぶれの原因になることがあります。

ステップ3)水分をタオルで拭き取り、柔らかい布で乾拭きし仕上げる。

ステンレス製品、タングステン製品、コーティングが施された製品を綺麗にする

ステンレス、タングステン、コーティングが施された製品は、変色しにくい事が最大の特徴です。表面の汚れを柔らかい布などで乾拭きしてあげるだけで綺麗になります。
流水で綺麗に洗浄してから乾拭きすることで、よりスッキリと綺麗になります。

以上のようにアクセサリーを綺麗にし、長くお使いいただくことが出来ます。
メンテナンスでご不明な点、より高度なクリーニングの方法は、こちらよりご連絡ください。専門的なアドバイザーが最良の方法をご提案いたします。

 

シルバーアクセサリーを鋳造するページへ 
シルバーアクセサリーを研磨するページへ 
オンラインショップへ